退職祝いを贈るタイミングとプレゼントの選び方



      このエントリーをはてなブックマークに追加

退職祝いとは

退職祝いというのは、これまで会社や社会に対して貢献してきた先輩たちに、お疲れ様の気持ちを込めて贈るプレゼントのことで、退職祝いは会社の仲間や後輩たちが贈るだけではなく、家族や友人などいろいろな人たちによって贈られるものです。

このように一般的に退職祝いとは、長年同じ会社で働いてきた上司に贈られるものですが、退職にもいろいろな理由があるので、その人にあったプレゼントを選んで贈るようにしましょう。


喜んでもらえる退職祝いのプレゼントは?

退職の理由には定年の他にも、寿退社や転職や家庭の事情などいろいろものがありますが、退職の理由も考えて、その人に一番合っていて、何よりも喜んでもらえるものを贈るようにしましょう。

たとえば転職される人へのお祝いは、新しい次の職場で利用できるものがおすすめで、次の職場がどこか、仕事内容が何か分かっている場合は、その人が活躍できるような商品を選んで贈るのがいいでしょう。

またその人の趣味や嗜好も考えるようにして、未来に向かって活力がみなぎるようなものを贈るのも良い退職祝いになると思います。

定年退職をする場合は、その人への感謝とねぎらいの気持ちを込めて、人数が多い場合はできるだけみんなでその人のことを十分に考えて、思い出に残るものを選ぶようにすればいいでしょう。

また家族で退職祝いを用意する場合には、これまでの感謝の気持ちが十分に伝わるものを贈ることがおすすめで、家族だからこそ金額にはこだわらないで、お父さんやお母さんが本当に喜んでもらえるものを贈るようにしましょう。

退職祝いにはいろいろなマナーもありますが、家族の場合は多少マナーから外れても大丈夫です。


退職祝いを会社で贈る場合は、送別会を行う時にはその席で渡す場合が多くなりますが、退職祝いを贈る目安は、退職が分かってから1週間から2週間以内となっていて、あまり早くても遅くてもダメなので、きちんと時期を考えて渡すようにしましょう。

退職祝いでなるべく選ばない方がいいと言われているものは、目上の人や上司に対しては身に付けるものはタブーだとされていて、その他にも下着や靴下なども敷いたり踏んだりするということで避けた方がいいと言われています。

最近では贈られる本人も気にしないという人がほとんどですが、それを知っていて敢えて贈る必要はないので、その他のものを選ぶようにしましょう。


掲載記事の参照元:退職祝い・定年退職のプレゼント

ABOUT

運営者
新生活スタイル
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。